世界のバイヤーの目は正しかった!

2011-chinafising

中国国際釣具貿易展示会にて最優秀賞受賞!

2011年に中国で開催された国際フィッシングショー釣り針部門で最優秀賞を獲得!

80以上もの国と地域から選抜された国際的なバイヤー何千人もがデザイン性、機能性、エコ的か、革新的かなどを審査基準

としその上での厳格な審査により有り難く1位をいただくことが出来ました。

「この釣り針」についての特許を取得!

特許権は、無体物(物(有体物)ではない、形のないもの)である発明に排他的支配権を設定するものであり、

知的財産権のひとつとされ、なかなか簡単に取得できるものではありませんが、

そのような中、我社自慢の釣り針が特許を獲得することができました。

特許

エサ針、サビキ針、アシストフック、ルアー用フックでその素晴らしい釣果が確認されています。

ほんの数例ですが…

   ・「全然釣れなかった時、この針に変えたら甘鯛がばか釣れした。」  ある量販店店長さん

   ・「イサキ、カラ針でも食ってくるねえ」   ある量販店店長さん

   ・海上釣り堀りで「エサが付いていないのに真鯛が釣れっちゃった。」  中学の子供さんの声

   ・海上釣り堀りでこの針を使った素人女性3人が16名の中で真鯛を

ワン、ツー、スリー  量販店主催の釣り行に行った人の驚きの声

      などなどたくさんの嬉しい声をいただいております。

1つ注意していただきたいのはヨクバリ加工部は柔らかい素材でできていますので

魚が釣れた時にペンチ等を強くあて、力を加えると破損しやすくなりますので

その点だけ御注意いただきたいと思います。

「タコエギも絶好調」

8月に販売するエギに続き発売を計画している「タコエギ」の最終試作品の

実釣テストを地元の浜名湖の岸壁で7月1日の夕方の6時から7時半の約1時間半実行。

当社のテスターであり、商品開発アドバイザーの「クマノプロジェクト」の

小森章生氏に「底を引きずるようにタコエギを動かす」という教えをもらいいざタコ釣りへと向かいました。

海辺には10人以上もの釣り人がおり、その中には明らかにベテランそうな人もいたが

誰一人釣れておらず実際釣果があったのは自分たちだけで

その上短時間の中2人で4ハイものタコを釣り上げたため周りからの視線を集めました。

試作品はエギの前部に重りをつけ、カラーはエギカラーでありましたが商品として

出すときには重りを重くして、甲殻類をイメージし、背中をエビ模様にします。

こちらの商品はネットショップでも販売予定なので

商品化までもうしばらくお待ちくださいませ。

通販 046ネット通販通販 066ネット通販通販 067編集済みネット通販